hexoのphantomを使ってみた

phantomではまった点

静的サイトジェネレータのhexoでブログサイトを作りました。
今回の記事ではhexoのテーマphantomを使ってみて僕がつまずいたところを主に書いていこうと思います

先に結論を言ってしまうと
hexoでphantomを使おうとしてる人は、nodeのバージョンをダウングレードしよう!
です

phantomはscssで書かれていますが、hexoはscssに非対応なので、別のプラグインが必要になります。

1
$ npm install --save hexo-renderer-scss

プロジェクトのディレクトリ下で上記を打てばダウンロードが完了します。
ですが、現在(2018/04)でのnodeのバージョン, 10.0.0 ではなぜだかエラーが起きてしまいます。

そこで最新のnodeのバージョンで作業をしている人はnodeのバージョンをダウングレードすることをお勧めします

ダウングレードの方法

nodebrewを使っている方は以下を試してみてください

インストール可能なバージョンを確認

1
$ nodebrew ls-remote

指定バージョンをダウンロード
(8.0.0くらいが無難でちょうどいいと思います)

1
$ nodebrew install 8.0.0

ダウンロードしたバージョンを確認する

1
$nodebrew ls

切り替え

1
$ nodebrew use 8.0.0

最後に

これでエラーは無くなったはずです
筆者はこの後、hexoコマンドが使えなくなってしまっていたので

もう一度

1
npm install hexo-cli -g

を打って、ローカルサーバーを立てたら

1
hexo sever

成功していました
成功画面

phantomはデザインも良くとてもかっこいいテーマですが
まだまだ日本語の参考サイトは少ないです。
そのため英語にはなりますが、ご自分で
テーマのREADME.mdを読んでみるのもいいかと思います。

この記事が少しでも読者の方の役に立てれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました

参考にさせていただいたサイト
【Hexo入門】Hexoでブログを作成する時のTipsまとめ
Node.jsのバージョンを管理する

web